活性化施策

初夏の灯篭イベント「ぼんぼん廻り」

投稿日:

ぼんぼん廻りは7月の第2土曜日の夕方から夜にかけて、商店街のアーチや街路灯、各お店の看板などをできる限り消して、地域の方々に協力して描いていただいたLEDの灯篭によるほのかな明かりで、初夏の一夜のひと時を楽しんでいただくと同時に、地球環境についてみんなで考えてみようというイベントです。

横須賀の上町地区商店街が実施している「灯ろう祭り」に感銘を受けた戸越銀座商店街商栄会商店街振興組合の理事が企画し、2009年7月に第1回目の「ぼんぼん廻り」が開催されました。

2017年までは、中原街道から東急池上線の戸越銀座駅までの間にある商栄会ゾーンのみで実施していましたが、2018年の第10回からは戸越銀座商店街連合会が一丸となって、1.3kmの戸越銀座商店街に約1,000基の灯篭を並べて、非常に幻想的な雰囲気をつくっています。

灯篭の絵は、近隣の小学校や町会など、地域の皆様に協力して作成していただいており、イベント当日は絵を描いた人のご家族をはじめ、非常にたくさんの人たちが訪れます。

このイベントは、地域の方々なくしては成り立たないイベントになっており、安心・安全な商店街を実現するための地域コミュニティーの強化に役立っています。

-活性化施策

Copyright© 戸越銀座商店街アーカイブ , 2018 All Rights Reserved.